【イーサリアム創業者が発表】Plasma Cashでスケーラビリティ改善を目指す

▼おすすめの取引所ランキング

イーサリアム創業者のヴィタリック(Vitalik)氏が先日パリで行われたEthCCにサプライズ登場し、「Plasma Cash」を発表しました。

Plasma Cashはスケーラビリティを向上させるものです。

この記事ではそのPlasma Cashについて解説していきます!

参考サイト:https://www.coindesk.com/vitalik-reveals-new-idea-plasma-scaling-ethereum-event/

3月9日のコミュニティ会議にて

パリで3月9日に行われたイーサリアムコミュニティ会議にて、イーサリアムの創業者であるヴィタリック(Vitalik)氏が出席し、2017年8月から発表されたスケーリング解決のためのPlasmaに続く、Plasma Cashを発表しました。

こちらの動画がパリのカンファレンスでのヴィタリック氏の発表の様子です。

それでは詳細を解説していきます。

そもそもPlasmaって何?

そもそもPlasmaとは、階層ツリーを基にしたサイドチェーン技術であり、潜在的に1秒間に数10億回のスマートコントラクトを自律的に強制実行することによりスケーラビリティ問題を解決するフレームワークです。

これによってイーサリアムの送金遅延の問題も改善されるということで世間で注目を浴びました。

Plasma Cashとは

Plasma Cashはヴィタリック氏と開発者のダン・ロビンソン氏とカール・フローチ氏によって開発されました。

Plasmaをよりスケーラブルにし、一般ユーザーたちの必要動作環境を大幅に緩和する方法として提案されています。

Plasma Cashの特徴は以下の通りです。

  • Plasma coinを発行し、ユーザがトークンを容易に追跡できる
  • 取引所でハッキングが起こっても、ユーザーは資産を失わない

では、それぞれ解説を加えていきます。

Plasma coinを発行し、ユーザがトークンを容易に追跡できる

Plasma cashのシステムではユーザーは契約に預金を送信し、「Plasma coin」を生成することが可能です。そのシステム内で作成したトークンを単純に追跡することができます。

ヴィタリック氏が去年発表したPlasmaのシステムではユーザーはPlasmaの全コントラクト履歴をダウンロードする必要があり、検証には多くの労力がかかりました。

Plasma cashではこの検証のコストを最小化することができます。

取引所でハッキングが起こっても、ユーザーは資産を失わない

Plasma Cashのシステムではユーザーの資金を直接扱うのではなく、取引所が注文書の機能を提供し、プラズマの契約を通じて、損失を保証することができます。

このシステムにより、「取引所がハッキングされた時でも、ユーザーの資産が失われることはない」とヴィタリック氏は発言しました。

まとめ

  • Plasma Cashによってイーサリアムのスケーラビリティが向上する
  • ユーザーがトークンを容易に追跡可能で、取引所のハッキングのリスクを無くせる。

今回はイーサリアムのスケーラビリティ向上に大きな役割を果たすとされるPlasma Cashについて解説してきました。

このシステムが導入されれば、ユーザーが今まで以上に容易にイーサリアムの利用ができるようになるでしょう。


イーサリアム (ethereum) ニュース 仮想通貨 用語解説